Interview.3社員インタビュー

より良いサービス実現のために

寺尾 佑介 / [事務課] 2011年4月入社

新卒でメゾンレクシアに入社し、事務課でサービスの品質管理を担当しています。就職活動中は医薬品や化粧品を中心に、生活に密着し、長く親しまれるものに携わる仕事を探していました。さまざまな企業の説明会に足を運びましたが、メゾンレクシアほど製品に誇りを持っている企業は他にありませんでした。人としての魅力に溢れる先輩社員に、良いと思ったことはすぐに実行に移せる社風。そこで働く社会人としてのセルフイメージが定まり、入社を決意しました。

  • 業務について
  • メンバーが安心して働ける環境を整え、
    「ありがとう」につなげる仕事

事務課で主に行っているのが、インターネット経由の受注対応、お客様へのメール配信、レターの送付です。ご注文から発送、お支払いに至るまで、滞りなく製品をお客様の元へお届けするためのサポートをしています。事務課ではメンバー各自の1日あたりのタスク量が決まっているので、しっかりと時間管理を行うことが大切です。

その中で私はチーフとして、フロー中のミスやイレギュラーに対応できるよう、防止策をフローに組み込み、メンバーが安心して業務に取り組める環境を作っています。ミスを未然に防ぎ、目に見える形でチームの効率を上げることがやりがいです。また、カウンセリング室と連携して、通話記録をもとにカウンセラーとオペレーターの稼働状況を算出し、分析するのも大切な仕事。このような働きかけが、間接的であっても関係部署の目標達成や、お客様からの「ありがとう」につながることに達成感を感じます。

私にとって仕事とは、自分を成長させるもの。成長を続けるために、いつも自然体で客観的な状態でいることを大切にしています。

  • 共に働く仲間について
  • ボトムアップ型の風通しの良さが魅力
    何事もスピーディに実現します

メゾンレクシアはいわゆるボトムアップ型の企業で、風通しの良さが一番の魅力。社長との距離が近く、上司も意見を聞いてくれる人ばかりです。各部署の垣根がなく、協力的なメンバーが揃っているので、何事もスピーディに実現します。これまで社員発信でトライアンドエラーを繰り返しながら進んできたので、この先も積極的に変化を生みだそうとする人とご一緒できたらと思います。

  • 今後の目標について
  • 今後は事務課が主導になって、
    他部署の効率化にも貢献したいです

この先、メンバーが増えても、チーム内の業務が円滑に行える体制を整えたいです。そしてゆくゆくは、データの分析やフロー構築の客観的な視点を活かし、事務課と関わりの深いカウンセリング室と配送課の効率化にも貢献できたらと思います。

ある一日の業務

8:40
出社後、メールチェック
9:10
事務課の業務量の確認
9:30
カウンセリング室の通話記録を元に、稼働状況資料の作成
11:00
事務課の業務の進捗確認とサポート
13:30
休憩
14:30
事務課内ミス防止・効率施策の検討
15:00
課内ミーティング
15:30
カウンセリング室からのデータ出力・分析依頼への対応
18:00
当日出荷状況の最終確認
18:30
事務課の日報確認
19:00
退社