QUALITY

細部に込めた職人技

自社のアトリエで熟練の職人が細部にまで時間をかけ、生み出す革製品。"神は細部に宿る"、その言葉通り、仕上げ方次第で製品全体の印象は大きく変わります。

例えば、カットした革の断面を美しく整える「コバ磨き」。塗料を塗る、乾かす、磨く、を何度も繰り返し、ムラなく綺麗に仕上げることで、見た目の美しさはもちろん、もちのよさが違います。また「糸処理」は、糸に糊をつけ針穴に挿し込む”糊どめ”を施し、ほつれにくい仕様に。さらにバッグの底を汚れや傷から守る「底鋲(そこびょう)」は、鋲のまわりにもレザーを巻くことで、より洗練されたフォルムを演出しています。

なめらかな手触り、細やかな縫製、端正な美しさ。メゾンレクシアの革製品には、メイドインジャパンの多彩な技と繊細な美意識が凝縮されています。

CONTENT LINEUP